行政手続法 – 行政手続法

行政手続法: データベースに未反映の改正がある場合があります。 最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。

行政手続法は、申請に対する処分、不利益処分、行政指導、届出及び命令等の制定について行政庁等が経るべき手続について定めています。 改正行政手続法の施行(平成27年4月1日) 平成26年6月の改正により、国民の権利

概要

第2条 この法律による改正後の行政手続法 (以下 「新法」 という。) 第2条第8号に規定する命令等 (以下この条において 「命令等」 という。) を定める機関 (以下この条において 「命令等制定機関」

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 行政手続法の用語解説 – 行政手続の公正のために制定された法律。膨大な許認可行政や行政指導は,日本の行政の不透明性の象徴として日米経済摩擦の重要なテーマとなっているだけでなく,政・官・財癒着の温床とも指摘されてきた。

[PDF]

【行政手続の一般法】(1条2項) 「一般法」と「特別法」 行政手続法が、行政手続の一般法になっていることを証明する条文です。 「他の法律に特別の定めがある」ときは、他の法律(特別法)が優先され

[PDF]

デジタル手続法(デジタル行政推進法関係)の施行について 本年5月31日に公布されたデジタル手続法のうち、デジタル行政推進法(改正後の行政手続オンライン 化法)に関する部分については、関連する政省令の規定整備を行い、本年内に施行

行政手続法. 平成五年十一月十二日法律第八十八号. 第一章 総則 (目的等) 第一条 この法律は、処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関し、共通する事項を定めることによって、行政運営における公正の確保と透明性(行政上

行政手続法のQ&Aを掲載しています。 (1) 申請に対する処分(例えば、営業の許可などの申請に対して許可する/しないという処分) (2) 不利益処分(例えば、許可を取り消したり、一定期間の営業停止を命じたりする

情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律(令和元

今回は前回に引き続き行政手続法を見てみましょう。テーマはタイトルどおり地方公共団体の機関は行政手続法の適用を受けるのか、という問題です。たびたび問われるところですので、しっかり押さえるようにしましょう。行政手続法が対象とする手続前回、行政手

命令等を定める際の意見公募手続の流れは以下の通りです。行政書士試験対策として、流れにそって頭に入れることをお勧めします。別々に覚えると、整理しづらいからです。行政書士試験は、覚える量が多いので、整理しながら頭に入れないと合格するのが難しいです。

第一章 総則

個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律(平成27年9月9日法律第65号) 概要(pdf形式:291kb) 本文(pdf形式:385kb) 新旧対照条文(pdf形式:819kb)

行政書士試験では最大の配点を占める行政法。最初はとっつきにくい科目ですが、出題はある程度パターン化されているので、慣れてしまえば得点源にすることができます。というか、行政法で得点を重ねられないようでは合格は遠いと思った方がよいでしょう。

行政書士試験のための学習サイト、「合格道場」のオリジナル練習問題集「行政法<行政手続法>」。「合格道場プライム」に登録すると解答解説を見ることができます。

行政手続法15条の内容は、行政書士試験では、頻出ではないです。ただし、条文に記載されているので出題されてもおかしくないようです。具体的な「聴聞の通知内容」よりも、2項の「教示の内容」の方が出題されやすいです。なので、2項をしっかり覚えておきましょう!

行政手続法の目的

行政代執行法、警察官職務執行法、土地収用法、財政法、会計法、国税通則法、国税徴収法、行政手続法などである 。 行政救済法. 行政救済に関する法。国家賠償法、行政不服審査法、行政事件訴訟法などである 。 英米法における行政法

1.試験科目としての行政手続法

行政手続法といえば、 「処分」「行政指導」「届出」に関する手続き 「命令等を定める」手続きに関する一般法ですよね。ところが、地方公共団体が行う行政手続きの場合、必ずしも行政手続法が適用されません。なぜなら地方公共団体には「地方自治」が認めら

行政手続法 第3条3項では、地方公共団体の機関がする処分、行政指導、地方公共団体の機関に対する届出、地方公共団体の機関が命令等を定める行為についての適用除外が定められています。 行政手続法 第3条3項では第2章から第6章までの規定は適用しない。

違反処理を進めていく中で必ず意識しなくてはならないのが行政手続法です。相手に不利益処分を与える訳ですから、行政に課せられたルールは守る必要があります。しかし、いくら凄腕の査察官でも消防法以外の法令は少し疎いものです。行政手続法を理解し、指導する側がルールを犯さない

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 行政手続の用語解説 – 行政部の内部で継起する一連の行為。狭義には,行政決定を下すにあたってこの決定を公益と一致させるために,利害関係者の意見を反映させる一連の行為を意味する(→聴聞)。しかしその仕組みは繁雑,不明確な部分が多く

穴埋めで暗記・覚える条文、法律!憲法,民法,行政代執行法,行政手続法,行政不服審査法,行政事件訴訟法,国家賠償法,商法,会社法,個人情報保護法,行政機関個人情報保護法,情報公開法,一般知識,最新時事,経済,社会,政治,判例,用語,行政書士,司法書士,宅建士,公務員試験など法律系資格試験のお

行政手続法 第1条1項. この法律は、 処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関し、共通する事項を定めること によって、 行政運営における公正の確保と透明性 (行政上の意思決定について、その内容及び過程が国民にとって明らかであることをいう。

e-Govは、各府省がインターネットを通じて提供する行政情報の総合的な検索・案内サービスの提供、各府省に対するオンライン申請・届出等の手続の窓口サービスの提供を行う行政のポータルサイトです。

行政書士試験のための学習サイト、「合格道場」。行政書士試験の過去問題「行政法<行政手続法>」。年度別過去問題はすべて無料で解答解説を見ることができます。

行政手続法の適用「除外」 行政手続法の適用対象は 処分(申請に対する処分、不利益処分)、行政指導、届出、命令等 だが、 これらであっても以下のものは、 適用除外 される。(行政手続法3条、4条) 行政手続法2章~4章の適用除外

このページ「行政手続法第3条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。

行政書士試験のための学習サイト、「合格道場」。行政書士試験の過去問題「行政法<行政手続法>」。年度別過去問題はすべて無料で解答解説を見ることができます。

行政書士試験で出題される行政法では、行政手続について定めた行政手続法からの出題があります。 実際の行政執行の基軸となるにも関わらず国民の意思が反映されない、行政立法や審査基準も規制の対象として行政過程の透明性を確保するため、命令等制定手続が定められました。

このページ「行政手続法第3条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。

スポンサードリンク ・行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法 ・行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本 行政手続法とは?わかりやすく解説リラックス法学部 >行政法をわ

[PDF]

行政手続法-3-2 処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関し この法律に規定する事項について、他の法律に特別の定めがある場合は、

「行政手続法」は範囲が限定されており、条文知識さえあれば比較的簡単に解ける問題が多いです。わずか3問ではありますが、確実に得点しておきたいところですね。そんな行政手続法で頻出テーマとなっているのが、意見公募手続です。意見公募手続とは、行政機

「届出」と言うと、行政手続法では、一般的な「申請」とは明確に区別されています。 よく、「申請は難しい手続で、届出は簡単な手続」といったことが言われます(実際に私も言います)が、実は手続の難しさがその本質ではありません。

行政手続法. 行政手続法は主に手続き規定について書かれています。ここはシステマチックに頭に入れていけばokです。比較的とっつきやすいのは、意見公募手続(パブリックコメント)のあたりでしょうか。

内閣府ウェブサイトの常時暗号化による「https:」への切り替え注意喚起。

クリックして Bing でレビューする20:20

Dec 13, 2016 · 動画の設定で画質を1080pにできます。 2016年11月発売『寺本康之の行政法ザ・ベスト プラス』(エクシア出版)著者の寺本康之先生による解説講義

著者: 公務員試験エクシア出版

行政手続法の概要 行政手続法は、①処分、②行政指導、③届出、④命令等をその対象とする。 行政手続法とは 行政手続法の目的 行政活動が不当、違法に行われた場合にはそれを事後的に救済する制度が用意されています(行政救済)。

政府は2019年3月15日、「デジタル手続法案(行政手続オンライン化法改正案)」を閣議決定した。 国の行政機関に対して行政手続きを原則インターネットで受け付けるよう義務化し、自治体には努力義務

行政手続法 カテゴリーごとに関連問題を表示します。行政書士試験過去問習得に特化した解答表示位置入れ替え機能付きで

行政法の中の「行政手続法」の過去問を検証して勉強法を探ってみたいと思います。 行政手続法とは「処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関(行政手続法第1条)」する法律で、私たち一般的な国民も場合によっ・・・

第17条 医師法第7条 第30条の3 環境省聴聞手続規則第6条 外務省聴聞規則第5条 行政手続法施行令第3条 経済産業省関係特定製品の技術上の基準等に関する省令第43条 第44条 経済産業省聴聞手続規則第7条 第8条 厚生労働省聴聞手続規則第7条 国土交通省聴聞手続

行政手続等の棚卸結果等 ※今回公表する結果には平成28年度の各手続等の件数を含めておりますので、平成28年度時点の件数についても、こちらの資料をご参照ください。 ※このExcelファイルは約8MBありますので御注意ください。 調査項目の解説

「デジタル手続法」とは、すごく簡単にいうと、「 行政手続を、原則として、すべてデジタル化する 」ことを目指すための法律です。 デジタル手続法の正式名称は、「情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続

「花と味覚と歴史のまち」厚岸町。北海道東部に位置し、春には桜、夏には紫色一色のヒオウギアヤメが楽しめます。豊かな自然にも恵まれており、牡蠣、アサリ、サンマなど、たくさんの種類の魚介類が一年を通して水揚げされます。歴史も古く、江戸幕府により建設された「国泰寺」もあり

Oct 04, 2016 · 行政書士受験生用に作成した行政手続法の朗読動画です。 ちなみに3条4条が長すぎるので、除外してます・・・。 画像は適当です。 条文

ここでいう命令等とは、法律に基づく命令(政令・省令・告示)、規則、審査基準、処分基準、行政指導指針です。命令等制定意見公募手続命令等制定機関は、命令等を定めようとした場合、案・関連資料をあらかじめ公示する必要があります。また、意見の提出

第13条 行政庁は、 不利益処分をしようとする場合には、 次の各号の区分 に従い、 この章の定めるところにより、 当該不利益処分の名あて人となるべき者について、 当該各号に定める意見陳述のための手続 を執らなければならない。

行政法は2000個にも及ぶと言いましたが、主要な法はそこまで多くありません。 そこで主要となる、本質的な位置付けにある行政法を独断と偏見で抜粋し、簡単に紹介しますので、行政法に興味のある貴方は参考にして下さい。 <行政手続法>

公務員、行政書士などの資格を取得する上で欠かせないのが行政法の勉強です。六法全書の中でも行政法は難しいですが、すきま時間を利用して、音声の行政法を聞きながら、条文を何度も繰り返して読むことで目と耳で覚えることができ、理解が深まります。

商業・法人登記関係手続; 電子公告関係手続; 動産譲渡登記関係手続; 債権譲渡登記関係手続; 電子認証関係手続; 供託関係手続; 更生保護法人・更生保護事業関係手続; 出入国管理及び難民認定法関係手続; 法務本省における行政不服審査法の標準審理期間及び

行政手続法の1条1項にこの法律の目的が述べられている。この法律は、処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関し、共通する事項を定めることによって、行政運営における公正の確保と透明性の向上を図り、もって国民の権利利益の保護

前回の記事はこちら 【独学合格者ノート】行政書士試験受験者のための行政法【これを見れば行政法がわかる!】 行政法の続き、今回は行政手続法です。 行政手続法 行政手続法は、その規制対象が処分・行政

行政手続法 問題点 法19条に聴聞主宰者の規定があるが、この主宰者について1項は、「行政庁が指名する職員その他政令で定める者が主宰する」とし、2項で除斥規定が設けられているが、「当該行政庁の職員」は列挙されておらず

[PDF]

デジタル手続法※(令和元年5月31日公布)の概要① ①行政のデジタル化に関する基本原則等(行政手続オンライン化法の改正※) 情報通信技術を活用した行政の推進の基本原則 ※法律の題名を「情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律(デジタル行政推進法)」に変更

日本政府の情報ポータルサイト。電子政府の総合窓口イーガブは、国が提供する実質的にすべての行政手続をインターネット経由で行えるよう行政手続のオンライン化を目指しています。

第1条 この法律は、 処分、 行政指導 及び 届出に関する手続 並びに 命令等を定める手続に関し、 共通する事項を定めることによって、 行政運営における公正の確保と透明性 ( 行政上の意思決定について、その内容 及び 過程が国民にとって明らかであること をいう。